燭台の灯りに包まれ ひかり幼保Xマスお祝い会催す

 ひかり幼稚園きらきら保育園で12日、クリスマスお祝い会など催され、園児たちが燭台礼拝で一足早くXマス気分を味わった。
 園児と保護者200人が「きよしこの夜」の讃美歌を合唱したあと、園児代表の佐々木果凜ちゃんがステージ上の親ロウソクに点火。続いて年長児代表が次々に燭台に火を灯していくと会場は淡い炎に包まれた。
 このあと、加藤園長の「幸福な王子の」の童話を聞き、Xマスお祝い会では年長児49人のページェント(聖誕劇)発表があり、最後に園児たちはサンタクロースからプレゼントをもらっていた。

コメントを残す