Pocket

 市議会は11日午後、本会議を開き、一般会計1億2500万円増やし補正後の一般会計予算が総額253億3329万1000円となる予算案など10件の議案を原案通り可決し閉会した。
 稚内市常勤特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例は、10月の稚内市特別職報酬等審議会による答申通り、現在の給与額から市長は3%引き上げ85万2000円、副市長2%引き上げ70万7000円、教育長3%引き上げ60万6000円とすることで可決。来年4月1日から適用される。
 小型風力発電設備等の設置及び運用の基準に関する条例は原案通り可決。市(環境エネルギー課)は必要な手続きをし今週中には施行する。
 条例は発電容量が20㌔未満の小型風車建設は住宅地などから100㍍以上、5㌔未満のマイクロ風車は50㍍以上離すこととし、違反した場合、事業者に是正を命じ、従わない場合は事業者名を公表する。
 それでも改善しなかった場合、国の特別措置法(FIT法)に基づき事業許可を取り消すという内容になっている。