海の安全操業願う舟守 北門神社で元日から販売

 北門神社が漁師らの海上安全などを祈願した御守り「舟守」を作り、来年1月1日から販売する。
 新年に向けて社務所で縁起物の御札や御守り、破魔矢などを取り揃えている中、北門神社では前浜や沖で漁をする漁師らのために首からぶら下げて使用する御守りを新たに作り、年明けの元日から販売する。
  「舟守は海で仕事をする人が安全操業できるよう願いを込め作りました」と山本宮司。

コメントを残す