冬告げ鳥のコオリガモ 北洋埠頭に10羽ほど

 長い尾が美しく本格的な冬の訪れを告げるコオリガモ=写真=が北洋埠頭岸壁近くで羽を休めている。
 ユーラシア大陸など北部から越冬のため東北や北海道に渡り、道内の数少ない越冬地として知られる稚内にも1週間ほど前、北洋埠頭付近で初飛来が確認された。
 6日の暴風雪から一夜明け穏やかな天候となった7日朝、北洋埠頭岸壁近くに10羽ほどの群れが羽を休めていた。

コメントを残す