手書きの温もりが好評 シルバー人材センターで年賀状宛名書き

 稚内市シルバー人材センター会員の年賀状の宛名書きの仕事が本格化し、手書きの温もりが好評を博している。
 パソコンとプリンターで印刷された年賀状が増える中、人材センターでは自分で書けなくなった高齢者らの依頼を受け、筆字での年賀状書きを行っており、センターに入会し10年以上に亘って担当している菊地富さん(78)=写真=は、事務所で黙々と筆を走らせている。
 毎年50件余りの依頼があり好評の宛名書きについて東海林事務局長は「パソコンで年賀状を作る人が多くなっていますが、手書きが良いと毎年依頼してくれる人もいます」と話し、書道有段者の菊地さんは「受け取る人が喜んで頂けるよう集中して書きたい」と取り組んでいる。

コメントを残す