特産の勇知いもPR 特許庁主催の札幌のイベントに参加

 今月1、2の両日、札幌駅前地下広場で開かれた特許、商標など知的財産の活用法を紹介するイベント「知財のミカタ~巡回特許庁in北海道」に、わっかない勇知いも研究会が参加し勇知いもをPRした。
 特許庁など主催し知的財産制度など周知するイベントは全国14都市で開かれ、初開催の北海道会場では平成27年に稚内農協が申請し特許庁から地域団体商標に登録された稚内特産のジャガイモ「勇知いも」が出展された。
 会場では稚内農協の新井武経済部長が札幌市民や道内外の観光客に勇知いもを無料配布し、イモの収穫風景の動画放映などを行い、勇知いもの魅力や歴史などをPRした。
 同行した事務局の市職員は「多くの人がブースに立ち止まり、勇知いもに興味を持って頂き、良い宣伝ができました」とした。

コメントを残す