年の瀬を前に実施 稚内署協力し宗谷郵便局で強盗訓練

 宗谷郵便局(森純也局長)で28日、強盗対策訓練が行われ、参加した局員らは日頃の対応手順を確認した。
 稚内署管内では金融機関などを狙った強盗事件の発生はないものの、年の瀬を前にし強盗事件発生が懸念されることから稚内署の協力を受け実施した。
 訓練では、犯人役に扮した警察官が拳銃を凶器に現金を奪って逃走するという想定で行われ、局員は犯人の特徴などを覚え臨場した警察官に伝えていた。
 廣吉生安係長から「犯人の観察も大事だが、先ずは自分やお客様の身の安全を第一に考えてほしい」などとアドバイスを受けた森局長は「実際に体験して改めて気付くことがあり、今回の訓練を契機に今後の防犯対策に活かしていきたい」と話していた。

コメントを残す