人物点描 マチの活性化向け 稚内JC次期理事長 澤村慎太郎さん

 来年1月から稚内青年会議所の次期理事長に就任する澤村慎太郎さん(36)は「先輩たちが紡いできたものを大切にし会員拡大、マチの活性化などに取り組んでいきたい」と抱負を述べた。
 平成25年に入会し、ひとづくり稚内PR委員会副委員長、専務理事、副理事長などを歴任。これまでの5年間の経験を活かし、街を発展させるために必要な人材を育てることが大切。人材育成の場となるJCは、同じ目標に向かって会員同士が絆を深め活動することができ、マチの賑わいを作りたい―と意気込んでいる。
 今年で10人卒業し年明けから30人を切る会員数になるが「今いるメンバーや若い会員が更に飛躍し、3年後に65周年の節目を迎えるので、僕らでJCを更に盛り上げていきたい」と。
 来年2月に北防波堤ドーム公園で開かれる氷雪の広場は理事長として最初の事業であることから「市民の皆さんが氷雪の広場に来て思い出を作り、稚内に生まれて良かったと思えるよう郷土愛を大切にできるものにしたい」とし、来年1年間の任期中は「先輩たちが築いてきた歴史を大切に、そして業績に負けないよう活動を活発化させマチの活性化に取り組んでいきたい」と力を込めた。

コメントを残す