稚内勢が大活躍 全道スプリント水泳大会

 12日に札幌市で開かれた第24回北海道スプリント水泳競技大会に出場した稚内水泳少年団所属の選手たちが活躍。東中2年大日向海斗君が13、14歳の部自由形、背泳ぎ、平泳ぎの各50㍍3種目で優勝、中央小6年山崎将君が11、12歳の部背泳ぎ50㍍で優勝した。
 大日向君は4種目に出場し、背泳ぎ50㍍は3位だったが、平泳ぎ50㍍で大会記録を更新するなど3種目で1位となった。山崎君は3種目に出場し、背泳ぎ50㍍ではタッチの差で1位となり、道水連の公式大会で初めて優勝した。
 全道大会初出場の東小2年柴田匠嘉君は8歳以下の部自由形、背泳ぎ、バタフライの各50㍍に出場し、1学年上の選手に混ざり自由形とバタフライで6位、背泳ぎ8位の好成績を残した。
 他は次の通り。
 ▽山崎将 背泳ぎ100、200㍍各3位▽笠井誠斗(南小6年) 11、12歳バタフライ200㍍3位。

コメントを残す