ドローン写真の魅力紹介 尾崎伸之介さん作品展

 むとう市民斎場内で12日、小型無人機ドローンで撮影した道北の風景の写真展が開かれた。
 稚内市民観光ボランティア会員で写真愛好家・尾崎伸之介さん(44)=朝日3=が、1年前から使用しているドローンで50~100㍍の高さから撮影した宗谷丘陵の白い道、ミルクロードと利尻富士などの風景写真8点が展示された。
 写真家・斉藤マサヨシさんから写真を教わり本格的に写真を始めたという尾崎さんは「鳥の目線のようなドローンでしか撮れないのが魅力です。今回は一日限りでしたが、次は1週間程度の作品展を開きドローン写真の魅力を広めていきたい」と話していた。

コメントを残す