聴衆550人を合唱で魅了 フラウエンコール創立40周年定期演奏会

 混声合唱団稚内フラウエンコールの創立40周年第32回定期演奏会は12日、文化センターで開かれ、聴衆550人を合唱で魅了した。
 団員ら40人は「月曜日とわたし」、「愛の賛歌」など、今までの演奏会で合唱してきた曲で構成されたヒストリカルステージを皮切りに、聴衆と共に合唱する第2ステージ、旅をテーマにした組曲の第3ステージで全17曲を合唱。聴衆からは拍手や「ブラボー」と歓声が上っていた。
 40周年の節目の演奏会を終え、中村喜人代表は「沢山の人に聴いてもらい嬉しい。今回の演奏会を新たな出発点として皆で頑張っていきたい」と話していた。

コメントを残す