買い物し食事をし交流 北斗LCと養護学校寄宿舎生

 稚内北斗ライオンズクラブと稚内養護学校の寄宿舎の児童生徒が7日、夕食を一緒に摂るなどし交流した。
 交流は北斗LCが養護学校の子供たちに社会と関わる機会を持ってもらおうと、社会体験アクティビティ活動として13年前から行っている。
 橋本会長ら会員9人が貸し切りバスで児童生徒20人を迎えに行き西條稚内店で買い物をしファーストフード店で軽食を摂った。夜にはサンホテルで食事会が開かれ、一緒にゲームをするなど楽しい一刻を過ごした。
 橋本会長は「この交流活動をよい思い出にしてほしい」と話していた。

コメントを残す