冬季観光第一陣稚内入り 旧瀬戸邸に東京などからの45人

 旧瀬戸邸の冬季特別開館が1日から始まり、午後2時半過ぎ東京などからの冬季観光ツアーの第一陣45人が訪れた。
 底曳き網漁業関係のものを中心に100点余りの資料などが展示されている旧瀬戸邸は冬の観光シーズンに合わせて、半世紀近く前の百人一首を新たに展示した。ツアー客は常勤スタッフから稚内の底曳き漁の歴史、漁で賑わった当時の稚内の様子などの説明を受けていた。
 千葉県市川市から訪れたという夫婦は「稚内は初めて。最北の地という響きに魅力を感じツアーに参加しました。瀬戸邸は昔の良き日本を感じ落ち着きます」と話し邸内を隅々まで見て回っていた。

コメントを残す