北海道主催シェイクアウト実施 稚内では大谷幼保など参加

 「防災の日」の1日地震発生を想定した全道一斉防災訓練・北海道シェイクアウトが道内で13万5374人参加し行われた。
 6回目を迎えた訓練は1日午前10時、札幌市を震源とする大規模地震が発生したことを想定し行われた。
 宗谷管内では14団体から3985人が参加。大谷幼稚園オアシス保育園では、非常ベルが鳴り地震の発生を告げる放送が流れると、先生達が園庭で遊んでいた園児ら150人に頭を守る〝ダンゴムシポーズ〟を取るよう指示を出し揺れが収まるまで待機した。
 このあと、同園では津波を想定した避難訓練も行い、市役所の裏山まで避難した。

コメントを残す