明後1日洋上会談実施 1年ぶりに道とサハリン州警備局

 宗谷海峡での日ロ洋上会談は9月1日、道漁業取締船北王丸で行われる。
 昨年8月以来1年ぶりとなる宗谷海峡での日ロ洋上会談には、道から水産林務部水産局漁業管理課の武田正則国際漁業担当課長、宗谷総合振興局の大友秀和水産課長ら7人、ロシア側からサハリン州国境警備局調整課長ら5人が出席し午前10時(日本時間)から日ロ中間ライン上の北王丸船内で行われる。
 オホーツク海毛ガニ篭漁の漁具被害防止、日ロ地先沖合漁業、北方四島安全操業など協議する。
 北王丸は午前5時半に稚内を出港し午後5時半頃帰港する予定。

コメントを残す