人物点描 明るい社会めざし ソロプチミスト稚内会長の奥村由美子さんが抱負

 国際ソロプチミスト稚内の会長に就任した奥村由美子さん(54)は「様々な奉仕活動を通じて明るい社会を目指していきたい」などと抱負を述べた。
 平成11年に入会し会計、副会長などを歴任し第39代目の会長となった今年一年を「会員同士の親睦を更に深め楽しく元気に健康で活動していくことを目標に、奉仕や地域活動を推進していきたい」と語る。
 貧困や教育に目を向け児童施設などへ運営資金をサポートする子育て支援プロジェクトは今年で7年目になり「寄付金を集めるためのチャリティーダンスパーティー(今年は9月9日)を開催していますが多くの協力に感謝しています。今年もぜひ参加してほしい」と話す。
 来年は発足し40周年を迎えることに「来年に繋げられるよう会長として会員皆が和を大切にし同じ目標を持って奉仕活動など一生懸命頑張っていきたい」と話していた。
 趣味はクラシックバレエやダンス、ミュージカル鑑賞など。時間を見付けては東京、札幌などにも出掛け舞台を見るのが楽しみだという。
 夫は稚内禎心会病院の奥村智吉院長。

コメントを残す

前の記事

天北堆