稚内で初の道北PG大会 100人以上参加し27日開催

 上川、宗谷地区など道北地区63のパークゴルフ協会員が集まる第16回NPGA(日本パークゴルフ協会)道北Aブロック交流大会が27日、宗谷ふれあい公園PG場で初めて開催される。
 上川・オホーツク・オロロン・宗谷連合会主催の交流大会は、これまでNPGAの公認コースがある旭川、中川など上川地区を中心に開かれ、昨年は滝上で開催したが、2年前に宗谷ふれあい公園に36ホールの公認コースが加わったことから、稚内で初開催されることになった。
 大会には稚内など宗谷、留萌、上川、北見地区など連合会所属の協会員100人余りが参加する。稚内PG協会の駒井時雄事務局長は「交流大会とはいえNPGAの大会は初めて。今回の大会を成功させることでNPGAの全国規模の大会を持ってこれる可能性も出てくるので良い大会にしたい」と話していた。

コメントを残す