カヤニファームの新しい鶏舎完成

 上勇知の自然卵養鶏場「カヤニファーム」の新たな鶏舎が完成し、ひよこを抱えた伊藤香織代表(44)は「卵の生産数を増やし沢山の人に食べてもらうよう頑張りたい」と意気込みを新たにしている。
 養鶏業を始めた10年前から使用している鶏舎で飼えるのは精々450羽ほどで、卵は1日150個前後と少なく需要に応えられないことがある。このため安定した生産態勢にするためインターネットを通じて支援者を募り、集まった約100万円の出資金で180羽を飼育できる鶏舎を新たに作った。
 仲間入りした90羽のひよこが順調に育っており、約半年後の年明け以降には卵を産める大きさに成長する。伊藤さんは「来年には更に90羽を増やして生産量を安定させ、多くの人に卵を食べてもらいたい」と話していた。

コメントを残す