灯篭で故人を偲ぶ 声問地区でふれあい夏祭り催す

 声問ふれあい夏祭りが16日、稚内漁協声問支所横などで催され、盂蘭盆だったことから先祖の霊を供養した。
 町内会などによる飲食や縁日の出店、抽選会が行われ会場は多くの住民で賑わった。
 恒例の灯籠流しはシケで出来なかったものの、参加した人たちは声問橋下で読経があり手を合わせ、漁協支所横では灯籠を焚き上げし故人を偲んでいた。

コメントを残す