人物点描 地域との関わり大切に 稚内北斗LC新会長の橋本弘さん

 稚内北斗ライオンズクラブの新会長に就任した橋本弘さん(65)は「地域住民の皆さんと実際に関わり、その中で必要な奉仕活動を考え取り組んで行きたい」と抱負を語った。
 平成9年に入会し、ライオンテーマ、会計、副会長など歴任。
 スローガンである「トリプル輪・話・和で地域をつなぐ奉仕のぬくもり」を念頭に、会員、家族、職場の人たちとの関わりを大切にし多くの人を巻き込んだ活動をし、昨年から始めた地域フェスティバルの参加など通し「会員が地域に入り込むことで単なる奉仕でなく自発的に活動するということが大切になる」と話していた。
 橋本さんは稚内BBS会で青少年育成活動をするなど、奉仕活動は30年以上にもなる。その中で〝地域との関わりが一番大切〟との一貫した思いがあり「現代社会が抱える老人福祉、貧困など課題が山積する中、奉仕を通し暖かい手を差し伸べて行きたい」とも語っていた。

コメントを残す