声問海岸で清掃活動 不動産業者の15人参加し

 市内の不動産会社で作る北海道宅地建物取引業協会稚内分区の会員らが5日、声問海岸で清掃活動を行った。
 環境美化にと平成22年から行っており、稚内分区長の鈴木稚水エステート社長ら会員、その家族15人が参加し波や風で運ばれてきたペットボトルやロープなど漁具を2時間半の作業で4㌧トラック1台分回収していた。
 鈴木分区長は「少しでも地域の役に立てるよう今後も清掃活動を続けていきたい」と話していた。

コメントを残す