みなと南極祭り幕開け 今夜は北海てっぺん・南極おどり 明晩は花火大会

 稚内の夏の一大イベント第57回みなと南極まつりは5日開幕し、南極樺太犬慰霊祭を皮切りに、夜のてっぺん・南極おどり、6日はボートレース、夜には2500発の大花火大会が行われる。
 午前11時から稚内公園で営まれた南極樺太犬慰霊祭には、関係者含め90人が参列し、佐藤誠子ども育成連絡協議会長が「南極の極寒の地で活躍した勇姿はこれからも永遠に私達の心の中に深く刻み込まれるでしょう」との挨拶に続き、工藤市長は「命の尊さと平和について考えてほしい」などと述べたあと、わっかない子どもミュージックサークル「エンジェルボイス」と子ども会の代表者5人と朗読ボランティア栞の会員の目時律子さんが献詩と朗読をした。
 エンジェルボイスの献歌に続いて参列者全員で献花しタロ、ジロの霊を供養していた。

コメントを残す