時の話題 「人に仕える精神」

 「We Serve」(私達は人に仕える)をモットーにこれまでの55年間、福祉はじめ献血・献眼事業、緑化そして青少年の健全育成などと奉仕活動し社会に貢献してきた稚内ライオンズクラブ(稚内LC)。あす晴れて記念式を開催するという慶事に当たって祝意を申し上げるものであります。
 稚内LCは、沖合底曳漁全盛の昭和37年4月1日、森円次郎氏(宗北水産社長)を初代会長に19人の会員で発足した。伝達式はその年の8月11日にあり、国内で398番目、道内で46番目、331―B地区で12番目のクラブとして旭川大雪LCをスポンサークラブに正式な歩みを始めた。
 現会長の藤田隆明氏(藤建設専務)は55代目の会長で、歴代会長には稚内にとって欠かせない名士が名を連ね、若輩の筆者も薫陶を受けた多士済々の方々がキラ星の如くいたものだった。
 往時には90人ほどの会員を有し、先日60周年を終えた稚内ロータリークラブと双璧を成したものであった。
 稚内には今、LC、RCに加え南RC、北斗LCがあり、会員個々は社業が忙しいのに拘らず数々の奉仕活動はもとより歳末たすけあいなど恵まれない人々への寄付もしており、それら功徳の活動はこれから社会の一線で活躍しようとしている若者の手本ともなり、その意味では稚内の人材育成にも寄与していることになるだろう。
 藤田会長が挨拶文で述べているよう厳しい経済状況であるが、WeServeの精神で稚内のけん引役として今後も活躍して戴ければと願っているところであります。

コメントを残す