Pocket

 25日、稚内漁協市場に今年最多の発泡1万箱、木箱200箱のイカが上場。管外イカ釣り漁船は一気に49隻まで増え、第一副港などは二重、三重に並んだ漁船=写真=でいっぱいになった。
 稚内漁協市場前駐車場には、所狭しと発泡が並び、競りが終わったあとは漁協職員が輸送用のトラックに荷積みする作業に追われた。
 木村専務理事によると、競り値は昨年より1箱当たり1000円ほど安い2700円くらいで型は小さいと。