稚内ライオンズクラブの新会長に就任した藤田隆明(58)さん=藤建設代表取締役専務=は「基本に立ち戻り楽しく笑顔で奉仕する団体でいるためにも〝笑顔〟をキーワードに誰かがヒーローでなく皆さんが協力し合えるクラブ活動をしていきたい」などと抱負を語った。
 平成21年に入会し、PR・会報委員長、献血・献眼・保健・社会福祉委員長などを歴任前職は第一副会長。
 スローガンでもある「楽笑奉集」(優れた才能を持った人が楽しく笑顔で奉仕する集り)であるためには地域に愛され、身近に感じるチーム・稚内ライオンズを目指し、魅力を広く地域に伝え、会員皆んで協力して出席率100%の例会が達成できるような取り組みを行いたいとし、今年は稚内クラブ創立55周年を迎えることから「先輩たちが行ってきた歴史を振り返る機会でもあり楽しく祝いたい」と。
 スポーツ観戦が好きで、15日から始まる高校野球北北海道大会に出場する稚内大谷高や水泳で活躍する大日向海斗君、山崎純佳さんら地元の子供たちが懸命に頑張って活躍する姿が一市民として嬉しいことだとして「頑張ってほしい」とエールを送っていた。