日本の最南端与那国島から折り畳みの小型自転車で47都道府県を制覇する旅をしてきた大中隆さん(46)=江別市在住=が30日午後ゴールの宗谷岬に到着した。
 世界5大陸を制覇したいと昨年3月末に高校教員を辞めた大中さんは、海外へ出る前に日本各地を見たいとして今回の旅を計画。昨年6月に与那国島を発ち九州、四国、関東、東北など全国を隅々まで回り、今年5月に北海道に入った。
 道内では函館、札幌、旭川など1カ月かけて北上し30日朝、宗谷ふれあい公園を出発し午後1時前、宗谷岬に到着した。
 与那国から宗谷岬まで約1万㌔の旅を1年がかりで終えた大中さんは「北海道に入ってからは自転車が壊れたり、映画に出演するなど色々なことがありましたが、1年かけて最北端に着き感無量です」と話し、来年にはアメリカ大陸を制覇し、その次はヨーロッパに行きたい―と新たな挑戦に胸を弾ませていた。