北海電気工事稚内営業所が30日、北防波堤ドームの街路灯など清掃する奉仕活動を行った。
 今年で6回目となる活動には、社員12人が参加。高所作業車4台を駆使し5㍍ほどの高さにある48基の照明ガラスボールにスプレーを吹きかけては丁寧に汚れを落とし、ドーム内のゴミも拾った。
 三浦一彦所長は「照明は海からの潮風で汚れが目立つので綺麗にしました。観光客の姿も増え、これから周辺では多くのイベントがあり、綺麗なドームを見てほしい」と話していた。