ハーレーダビットソン社製バイクの所有者で作るハーレーオーナーズクラブによる道北ツーリングの一行が28日午後、稚内入りし集合場所となった北防波堤ドームに70台を超えるハーレーが並んだ。
 大手旅行会社が2年前に初めて実施したハーレーでの道東ツアーが好評だったことから昨年は道央・道南で、3回目となる今年は3泊4日で網走をスタートし稚内、層雲峡までの約600㌔を走る道北ツアーが行われ、遠くは九州の宮崎など全国から76人参加した。
 28日朝、網走をスタートした一行は、オホーツク海を北上し観光地などを巡りながら早い人で午後3時過ぎ稚内入りし、午後7時までには全員が到着し1泊した。
 ハーレー歴10年以上の静岡から参加した70代男性は「1回目から欠かさず来ておりオホーツク海は最高だった」。一行は29日朝、層雲峡に向け出発した。