徒歩で日本一周の旅に挑戦中の茨城県龍ヶ崎市の北澤秀平さん(19)=写真=が稚内入りした。
 歩き旅で自らを鍛えたい―と旅を決意したという北澤さんは今年4月中旬に龍ヶ崎市の自宅をスタート、東北など太平洋側を北上し5月下旬に道内に入った。その後は小樽、留萌など日本海側沿いを歩き21日に稚内に着いた。
 稚内では市内観光など楽しみ、23日フェリーで利尻に渡った北澤さんは「旅の途中は何人も日本一周縦断を目指し稚内に向かっている人に出会いました。1カ月間、島でバイトし8月頃に再び稚内から旅を再開したい」と話し、1万2000㌔を歩く旅の終了は2年後になるという。