南小の新体育館建設に伴い現体育館の解体は19日から始まる。体育館が利用できる最終日の16日、全校児童369人が体育館の壁に感謝の気持ちを書く思い出づくりをした。
 現体育館は昭和48年に建設。老朽化した校舎と一緒に建て替えられることになり、昨年9月に着工した新体育館完成が近づき7月3日の検査後の翌日にも供用される。
 16日、5年生58人は体育館に入るなり壁やドアのあちこちに「今までありがとうございます」などと書いたあと、友達と遊び最後の思い出をつくった。
 桜井歌之介君は「今まで使っていた体育館がなくなるのは悲しいけど、新しい体育館も楽しみです」と話していた。
 解体は19日始まり8月8日までに終える。