市教委主催の前期市民講座が始まり、10月12日までの期間中、7講座が開かれる。
 10日から南地区活動拠点センターで始まった「はじめての中国語講座」には15人の市民が受講し、市内在住の古賀艶艶さんを講師に1時間半に亘って日本語と中国語での言葉の意味と違いについて知識を深めたあと、中国語で自己紹介や日常会話する体験をした。
 艶艶さんから発音する際の注意点として「同じ言葉でも5段階に分かれて発音する」などとアドバイスを受けた受講生は中国語の難しさと共に奥深さを経験していた。同講座は7月29日まで。