梅津理架子、阿部ゆかりさんによるソプラノとピアノのロビーコンサートが9日、宗谷合同庁舎で開かれ、聴衆50人余りが2人の息の合ったハーモニーを堪能した。
 ソプラノ歌手の梅津さん、ピアニストの阿部さんのコンサートは今回8回目。2人は「すてきな春に」の合唱曲を皮切りに、坂本九の「見上げてごらん夜の星」、「お前たちのように小さな花だったら」のオペラなど様々なジャンル9曲を歌唱。聴衆は拍手で応えていた。
 2人のファンだという70代の女性は「演奏に合わせての梅津さんの歌声は癒されました」と話していた。