7日午後、第2副港海の駅にヨットが寄港した。
 今年3隻目はノルウェーから回航してきた「ラカファント号」(4・2㌧)。ノルウェー南部の港町トンスベルグに住む20代男性2人が、世界中をヨットで旅している途中、稚内に寄港。これからサハリンのコルサコフ港に向かうという。
 海の駅には今年、5月22日にサハリンからのクルーザーを皮切りに、今月4日にはスイスからのヨットと、外国船籍の入港が相次いでいる。