5日朝、天北1号埠頭に長崎県崎戸港の貨物船「のぞみ」(1700㌧)が入港。道北塩業稚内営業所=末広3=の倉庫に並塩300㌧が運ばれた。
 同社は秋サケ定置網漁前など年3回ほど九州方面から塩を移入しており、加工場などに納めているほか、春には山菜用にも需要がある。
 1袋25㌔の並塩1万袋以上を積んだ貨物船からクレーンで岸壁に下ろされ、フォークリフトでトラックに載せる作業が繰り返され午前11時頃には作業を終えた。