市主催の高齢者の集いの場「カフェ天北」が29日、沼川みのり公園管理棟で開かれた。
 市では、高齢者が住み慣れた地域で生きがいを持って暮らせる取り組みとして平成24年から天北地区で春と秋の年2回実施しており、65歳以上の住民30人が参加した。
 温水プール水夢館インストラクターの石橋恵さんを講師に、参加したお年寄りたちは椅子に座ったままタオルを使って出来るストレッチ運動をし日頃の運動不足を解消したほか、頭を使った脳トレゲームなどを行い、住民同士で交流を深め楽しい一刻を過ごしていた。
 11月には、天北小中児童生徒との交流会を催す。