東川町在住の料理研究家横山アディナさんの料理教室が27日、東地区活動拠点センターで開かれ、完全無添加のボロニアソーセージを作った。
 ルーマニア出身のアディナさんは10年前に北海道へ移住して以降、添加物など入っていない自然食品を使った料理の魅力について伝える料理教室を道内各地で開いている。
 前日26日は料理教室は6人参加し開かれ、黒豆を使ったカレーやマスタードを作った。
 27日の教室には、稚内はじめ豊富などから男女6人が参加し、鶏肉やニンニク、ハーブなど食材にサランラップで巻いたボロニアソーセージ作りに挑み、完成したソーセージでサンドイッチやソテーなど、弁当のおかずになるレシピを学んだ。