もり(森友学園)とか、かけ(加計学園)とか、蕎麦屋でもあるまいし何やかやと五月蝿い。有耶無耶になりそうな森友問題に続く加計疑惑ではつい数カ月前まで文部科学省の官僚トップをしていた事務次官が会見を開き、加計学園の獣医学科認可申請で安倍総理への忖度や斟酌があった書類が存在したのでは―とする遣り取りに潔く「文書は間違いなくあり、(認可という)行政の仕事が歪められた」などと文科大臣や副大臣の発言を完全否定する話をした。
 この前次官は文科省主導の天下り問題の責任を取り退官に追い込まれており、その意趣返しでは―との報道もあるが、報道関係者に情報リークするだけでなく自らテレビに顔を出し何もかも曝け出してしまう様子を見るに至っては窮鼠猫を噛むというより田中角栄元総理の金権問題の〝ハチの一刺し〟のような敢然さも感じ、暫し会見の様子に耳目を奪われてしまった。
 菅官房長官の会見など応酬があり真実は何なのかは今のところはっきりしないが、森友といい加計といい夫人を含め安倍総理周辺がきな臭い。
 衆・参議選とも圧勝し超安定の安倍政権にとって降って湧いたような疑惑に対し我々国民はどのように判断し対処すればいいのか。
 主権を持つ国民の代表が選挙で選ばれる国会議員である。その議員の投票によって選任される総理大臣は為政者として公平・公正であらねばならず、増してや特定の人や団体に利益を生むようなことをしてはならない。
 将来を担う子供たちに真正面から正義感を語れればいいのだが。