宗谷漁協職員が24日、職員住宅裏山にミズナラなど苗木70本を植えた。
 森林を育てることで海を守ろうという取り組みの一環として20年以上前から続けているもので、参加した職員や石塚建設興業の社員ら30人余りは、シカによる食害を防ぐため周辺に防護ネットが張られた所に、ミズナラやサクラ、ハルニレの苗木を植えていた。