北防波堤ドーム前をスタート地点にあった鳩レースで鳩十数羽が周辺に居残っている。
 今月12日に行われた鳩レースでは3000羽近くがゴールの本州方面に向けて飛び立ったが、当日は風が強かったため迷子になった鳩が、ドーム周辺などに今も30羽以上が居座っている。
 22日朝にはカラスに襲われたと見られる2羽の死骸も見つかり、近くの住民は「(カラスに)襲われ一度はその場所を離れても時間が経つと戻って来る。帰る場所がなく可哀相」と話している。
 別の人は毎年数羽の居残り鳩を見かけるが今年はレース後には50羽以上が確認できた―としている。
 稚内のレース鳩関係者が現在、持ち主に返すため捕獲作業をしているが、全て捕まえることができずにおり、ドーム周辺には今も留まっている。