稚内北星大学の今年度の学生数が確定し115人になった。総定員の過半数をクリアし文部科学省の補助金(昨年度約1億円)を受けられる見通しが立った。
 各学年の定員は50人で、1年生は入学式の時より3人増え23人、2年生32人、3年生32人、4年生28人の115人。総定員200人の50%100人を15人上回った。
 来年度に向けてはカーリング特待生やアトピー患者の支援制度に加え、ロボットコンテスト(通称ロボコン)の出場に向けた専門科目開設の準備を進めており、金森常務理事は「新しい取り組みで大学の魅力を高め、定員いっぱいの50人の入学生を確保したい」としている。