車椅子バスケットボール日本代表(及川晋平ヘッドコーチ)の選手たちが14日来市。15~21日まで総合体育館で稚内での初合宿に臨む。
 6月からイギリスで開催される国際大会(コンチネンタルクラッシュ2017)に出場するフル代表の直前合宿には、選手、スタッフを含め29人が訪れ、15~20日までの期間中は非公開で練習に取り組む。21日は午前10時半から行う練習や紅白戦のほか午後からの少年団員を対象とした車椅子バスケットボール体験交流会は一般公開される。
 15日午後1時半から玉川敏彦連盟会長、小瀧修専務理事、及川ヘッドコーチ、京谷和幸アシスタントコーチらが工藤市長を表敬訪問する。