桜井電業所、桜井冷熱機械の桜井グループ従業員が13日、ミルクロードと空港から国道238号までの道のりで清掃活動を行った。
 地域貢献活動の一環として平成27年から美化運動に取り組んでおり、今年も従業員26人が2班に分かれ、各2㌔ほどある道のゴミ拾いをした。
 空港方面を清掃したグループは、空港前から出発し、道道わきの側溝などに捨てられていた空き缶、タバコの吸殻など袋いっぱいに集め、持ち帰ったゴミを綺麗に洗ったあと処分場まで運んだ。
 活動に参加した丹波幸助さんは「毎年、清掃をしているがゴミがなくならない。空港は稚内の玄関口でもあり周辺を綺麗に使ってほしいですね」と話していた。