自衛隊北部方面音楽隊(札幌)が13日、東中で管内中高生の吹奏楽部員を対象に演奏講習会を開いた。
 稚内地区吹奏楽連盟が主催し中高生にプロの演奏を学び技術向上にと開いたもので、管内7校の中高生70人余りが参加。生徒たちはフルート、クラリネット、トロンボーンなど11パートに分かれ、隊員から楽器の奏法や練習法のアドバイスを受けた。
 トロンボーン練習=写真=では隊員から「姿勢を正し、お腹から大きく息を出すことで力強く音が出る」と教わっていた。
 講習会終了後、音楽隊41人による演奏会も開かれた。