稚内沖の毛ガニ刺し網漁は、漁期の5月末を待たず11日の水揚げで終漁した。
 1月20日の解禁以降2月5日に初水揚げがあり、4月末までに190・4㌧(昨年同期183・4)を漁獲。最終日の11日午前中、稚内漁協市場には9隻から7㌧の毛ガニが運び込まれ、漁協職員が計量作業に追われていた。
 木村専務理事は「数量、型ともに昨年並みだったが、漁獲累計の平均㌔単価は300円以上高く良かった」と満足気であった。