民進党の鉢呂参議と水上みか12区総支部代表が6日、西條稚内店前で遊説した。
 衆議院小選挙区の区割り変更で幌延町が12区へ編入されたことを受け5日、幌延町で街宣したあと、稚内入りし市内を回った。
 6日午前中、西條稚内店前での遊説で鉢呂参議は5年経過した安倍政権に対し「森友学園問題や度重なる議員の不祥事は政権の緩みの象徴である」とし「集会の自由など侵害する共謀罪法案を皆の力で排除していきたい」などと演説。水上氏は「30代の友人らは子育て、介護、医療に頭を抱えている状況。日本一広い選挙区の一つ々々の課題を解決したい」と次期衆院選へ向けて支持を訴えていた。
 このあと猿払の東宗谷農協前などで遊説した。