そうべい(中野修二社長)は4月27日から東京の東武百貨店池袋店で開催中の北海道物産店「初夏の大北海道展」に出品し、道産米ゆめぴりかなど販売している。
 5年前から道産米拡販のため、春、夏、秋の3回、物産店に出店しており、今回は上川、留萌地方産のゆめぴりか、おぼろづきなどコメ5種と、白米に合う利尻食堂丸善の「うにめし丼の素」なども同時に出品した。
 恒石優樹企画開発部長は「昨年より良いペースで販売されており、リピーターも年々増えています」と手応えに満足そうだった。