稚内郵便局長に着任した佐藤晴久さん(52)は「2度目の稚内勤務になり身が引き締まる思いです。地域に根ざしたお客様サービスを提供していきたい」などと抱負を語った。
 旭川市出身。高校卒業後、民間企業を経て平成3年の西神楽郵便局を振り出しに、稚内郵便局課長代理、おしどまり郵便局担当課長、篠路郵便局集配営業部長、札幌中央郵便局第一集配営業部長などを歴任。前任は静内郵便局長。
 稚内勤務は8年ぶりとなり前の勤務の時は家族で過ごし子供も幼かったので地域との連携も深く子育てするには最高の環境だったとし「郵便業はお客様の信頼があっての仕事であり常に初心を忘れず社会ニーズにあった対応をしていきたい」と話していた。
 趣味は読書と愛犬の散歩。単身赴任なので札幌の自宅で飼っている愛犬に会えないのが寂しいという。