政治家の劣化が気になる。日本という国の針路を決めていかなくてはならぬのに政治家としての資質に著しく欠ける人が多い。最近の閣僚の言動が端的に物語っている。
 先ずは今村復興相の記者会見での遣り取りで、本人曰く失礼だとした記者を罵倒した挙げ句の「出て行け」発言が最たるものだ。質問する記者に誘導された向きあるにしても福島原発事故での自主避難について「本人の責任」と言ったのは避難住民の感情を逆なでするもので、担当大臣たる資質に大いに欠落しており東大出なのだが政治家以前に人間として失格だ。
 福島第二原発事故は大地震という自然災害に引き起こされたとはいえ原発を推進したのは国であり、その担当大臣が避難住民の自己責任とするのは本末転倒の甚だしい傲りとも解釈していい発言だ。
 山本地方創生相の学芸員一掃発言も当然看過できるものでなく、稲田防衛相の森友学園の訴訟関与で事実に反する否定発言は国民を小馬鹿にした事実隠ぺいであり、金田法相のテロ等準備罪法案審議での無能ぶりには有権者の一人として呆れてしまうというレベルを超え驚愕の念さえ禁じ得なかった。
 これらの閣僚の失態は自民党一党支配という緊張感に欠けた気の緩みもあるのだろうが国民から「センセイせんせい」と煽てられる彼・彼女らの特権意識に負うところが大きい上に、政治家としての矜持の希薄さも関係しているのだろう。
 政治家の劣化は自民党だけの話でなく、地方レベル議員も当てはまると思うが。困ったものです。