稚内から増幌、恵北などに向かう道道沿いの湿地帯に群生するミズバショウが見頃を迎えている。
 サトイモ科で多年草のミズバショウは、仏炎苞と呼ばれる白い葉の中に黄色い花を咲かせる。例年GW明けに見頃を迎えるが、今年は雪が少なく雪融けも早かったこともあっていつもより2週間以上早く咲き揃っている。