北海道サイクリング協会など主催の日本海オロロン・オホーツクラインなどを自転車で走るサイクリングツアー「北海道一周ライド1700」が、6月28~7月13日まで開催される。
 7月8、9の両日、雄武~斜里まで210㌔を走るインターナショナル・オホーツクサイクリングの開催に合わせ、昨年は札幌から稚内、雄武など510㌔とインターナショナルサイクリングと繋げて釧路までの1100㌔を走破。今年は更に函館~札幌間520㌔を加え、昨年の1・5倍の全長1700㌔を16日間で走る。
 6月28日午前9時に函館を出発し松前、札幌、増毛、初山別などを走り、8日目の7月6日午前8時半に道の駅わっかないをスタートしオホーツク海を南下し7月13日午後4時に釧路へゴールする。
 好きなエリアを選ぶ出場も可能で、昨年は稚内~雄武間は30人、全エリア含め250人余りが参加。北海道と命名され150周年となる来年は北海道一周コースも決定し、吉田通美実行委員長(網走サイクリング協会)は「17市町村を巡り北海道らしい雄大なコースを稚内の人たちも楽しんでほしい」と参加を呼びかけている。
 詳細は090~8427~5425。